クリティカル・フェイルオーバー


home技術クリティカル・フェイルオーバー

多層保護でフォールト・トレランスを強化してください

CCTVインフラストラクチャの一部に障害が発生した場合、システムは最初に障害を認識してから冗長システムに切り替える必要があります。 手作業の場合、そのプロセスは貴重な時間を要し、余分な設備は高価になる可能性もあります。
不安定なネットワークの場合....
一時的なスマート・フェールオーバー
カメラのネットワーク状態が不安定になると、内部録画セッションバッファ(NLTSrec、最大60MB)に保存が開始されます。したがって、中断するデータはございません。
ネットワーク障害の場合....
スマート・フェールオーバー
NVRとIPカメラの接続が解除された場合、カメラのSDカードはすぐに録画を開始し、復旧後に自動的にNVRにデータを転送するため、録画の損失は発生しません。
ストレージ障害の場合....
ストレージの冗長性
ネイティブのRAID1サポートにおいては、NVRは2つの同一のデータのコピーを保存します。したがって、 1つのディスクに障害が発生した場合、データは2番目から検索されます。 ネイティブのRAID5サポートにおいては、1台のドライブに障害が発生した場合、以降の読み取りは分散型 パリティから計算されるため、データが失われることはございません。
レコーダーのハードウェア障害の場合....
NVR フェールオーバー
プライマリNVRに障害が発生すると、スタンバイNVRがアクティブになります。プライマリNVRとスタンバイNVRは継続的に監視します。問題に迅速に対応し、データ損失のリスクを減らし、フェールオーバーの応答時間を短縮します。
電源障害の場合....
ネイティブデュアル電源
故障した電源ユニット(PSU)が交換されると、予備PSUは冗長動作に戻ります。